コールマーケティングなら電話とウェブからの問い合わせ数の把握が可能!広告効果の最大化を目指します!

電気通信事業者
H-06-01937

0120-477-02110:00~18:00(土日・祝日を除く)

お問い合わせ

コラム

【初心者向け】コールトラッキング(電話効果測定)とは?仕組みと機能

「お客様がどの広告を見て電話をしてくれているかわからない」

「電話からのコンバージョンを計測する方法は?」

電話による集客を行っている業界は、広告ごとの電話効果を測定する「コールトラッキング」が重要です。

広告ごとにどのくらいの電話数があるのか、通話時間はどのくらいかを把握することで、広告費の配分や広告出稿の最適化が図れます。

本記事では、コールトラッキングの仕組みや機能など、基本的な知識を解説します。自社にも導入するメリットがあるのかどうか検討してみましょう。

コールトラッキングとは?

コールトラッキングとは、電話での問い合わせの効果を測定することです。「どの媒体からいつ、何件かかってきたか」「顧客とどのような話をしたか」などを記録して、各広告媒体の費用対効果を可視化する際に役立てます。
企業の打ち出す広告はWeb広告だけでなく、新聞やチラシ、看板などオフライン媒体を活用した広告も多くあります。そういった広告の反響として、電話でのお問い合わせが発生します。

電話でのお問い合わせの難点は、履歴が残らず、分析しにくいことです。どのオフライン媒体の広告を見て電話で問い合わせをしてくれたのか分析しにくいため、広告の効果の低さに気づかないまま、費用を投じ続けてしまいかねません。予算に限りのある広告費を無駄にしないためにも、電話の効果測定は重要です。

コールトラッキングツールを導入し、電話の効果測定を実施することで以下3つのメリットを得られます。

①広告を最適化して売上を拡大させる

コールトラッキングツールでは、オンライン計測だけでは見えなかった電話での顧客獲得単価(CPA)がわかります。媒体ごとにデータを見ることで費用対効果を検証し、広告の無駄を減らし予算配分の見直しが可能です。その結果、効率的に広告を打ち出せるようになり売上アップを期待できます。

②顧客の機会損失を防ぐ

コールトラッキングツールを利用して着信が多い曜日や時間帯を分析すれば、適切なタイミングで人員を確保しやすくなります。電話に出られず見込み顧客を逃してしまうといった営業の機会損失を防止可能です。また、顧客の電話を取れなかった場合は対応可能な担当者に転送したり、メール通知機能を利用したりもできます。

③電話業務を改善し効率化できる

コールトラッキングツールによっては、効果測定して広告費を見直すのに役立つだけでなく、電話業務改善につながる機能を備えたものもあります。

たとえば、通話録音機能です。リアルな顧客の声を取得することで、何に疑問や問題を感じているか顧客のニーズや行動パターンを理解でき、電話対応や顧客サポートの改善につなげられます。

他にも、自動音声案内サービスを利用してオペレーターへの入電を調節したり、対応が必要な電話だけを選別してつなげたりと、電話対応の工数を減らし業務効率化が期待できます。

コールトラッキングは、以下のような電話でのお問い合わせが多い業種におすすめです。

  • 学習塾
  • 美容院
  • 不動産
  • 水道
  • 電気

月額利用料は数万円からと比較的安価なことに加えて、申し込みから数週間で導入できます。

コールトラッキングの仕組み

コールトラッキングは、データが必要な広告媒体ごとに別々の電話番号を付与することで効果を測定します。つまり、テレビCMと雑誌、チラシからの電話効果を測定したいならば、3つの番号が必要です。

広告ごとに異なる番号を設定することで、「何の広告を見て電話をかけてきたか」「どの媒体を経由してかけてきたか」を把握できます。

その他にも通話時間や通話内容などのデータもコールトラッキングツールに蓄積されます。

コールトラッキングツールで利用できる機能

コールトラッキングツールには下記のような機能が備わっています。

  • 通話記録機能 … 入電時間・通話履歴・顧客の電話番号・流入経路などを記録する機能
  • 通話内容の記録…顧客とスタッフがどのような会話をしたかを録音、テキスト化する機能
  • 自動音声応答システム(IVR)…設定した音声を活用して、自動に顧客を案内するシステム
  • 電話に出られないときのフォロー…営業時間外や接客中で電話に出られなかったときに他電へ転送したり、メールに通知を入れたりする機能
  • 発信者番号表示機能…顧客の電話番号をディスプレイに表示させる機能

ただし、これらの機能はすべてのツールで標準的に提供されるわけではありません。追加オプションとして利用できる場合があるため、導入を検討しているツールに欲しい機能が搭載されているかどうか事前に確認が必要です。

コールトラッキングツールなら「コールマーケティング」がおすすめ

種類が多くてどのコールトラッキングツールを導入したらよいか悩んだ際には、「コールマーケティング」がおすすめです。稼働番号が6,300番号を超える実績のあるツールです。以下よりコールマーケティングがおすすめな理由を解説します。

①データ計測の範囲が広い

コールマーケティングはリスティングやディスプレイ広告などのオンライン広告だけでなく、CMや新聞、看板、折込チラシなどのオフライン広告に至るまで、どのような広告でも電話数を把握できます。

さらにデバイスごと、キーワードごとのより深掘りした計測も可能です。データ計測の範囲が広いため、広告の最適化に向けた施策を素早く実行できます。

②データ管理がわかりやすい

広告ごとの問い合わせ件数が一つの画面で確認でき、ひと目で広告の成果がわかることもコールマーケティングの魅力です。電話件数だけでなく、Web問い合わせ件数も合わせて確認ができ、電話とWeb問い合わせの割合は円グラフで表示します。

いくら詳細なデータが集まっても、データの管理画面が複雑でわかりにくいと、分析に余計な時間がかかってしまいます。コールマーケティングは管理画面が視覚的にもわかりやすく、データが活用しやすい仕様です。

③0120の番号を業界最安値で提供

0120番号は顧客が無料で利用できるフリーダイヤルのため、電話をかける精神的なハードルが低い番号です。コールマーケティングは、0120番号を業界最安の価格で提供しています。初めて電話計測を利用する方でもリーズナブルにお試しできます。

コールマーケティングの月額料金は以下の通りです。

  • 5番号パック:月額25,000円(税抜)
  • 20番号:月額62,500円(税抜)
  • 50番号:月額137,500円(税抜)

※ 初期費用に別途番号取得費用が必要です

ミニマム5番号パックは、店舗数の少ない小売業や病院におすすめのプランです。他店舗を展開している方やデバイスやキーワードごとの計測までしたい方には、20番号や50番号をおすすめします。1番号を月額2,500円(税抜)で追加できるため、予算や業態に合わせて選択してください。

④ビジネスチャンスを逃さない

コールマーケティングは、着信したすべての番号を管理画面で履歴として保存できます。定休日や繁忙期で電話に出られなかった場合でも、必要に応じて折り返しの電話が可能です。

見込み顧客にアプローチする機会を逃しません。

⑤Web広告経由の収益を最大化するオプション機能あり

コールマーケティングでは、コールセンターとWeb広告を連携して受電結果をAIに学習させるオプション機能を利用できます。

たとえば、電話受注につながる確率の高い広告を、広告配信AIに学習させることで広告運用の精度を高められます。一方で、契約や購入の可能性が低い広告や間違い電話を除外するよう広告配信AIに学習させておけば、コストの削減に貢献可能です。

コールトラッキングツールを導入して広告効果を最大化

コールトラッキングとは、どの広告を見た見込み顧客が電話をかけてきたのか、広告ごとの電話効果を測定することを指します。無駄な広告費用をかけていないかどうかを判断するのに役立ち、広告の運用を適切にして売上の拡大を狙います。

オンラインとオフライン広告を幅広く展開している企業は、コールトラッキングツールを導入して効率的に広告の効果を計測しましょう。

どれを利用したらよいか迷った際には、弊社が運営する「コールマーケティング」がおすすめです。

広告ごとの問い合わせ件数が一つの画面でわかるため、広告の成果をすぐに把握できます。さらに、顧客が電話をしやすい「0120番号」が業界最安値のため、初めて電話計測を導入する方もリーズナブルに試せます。申し込みをしてから最短7営業日から利用可能です。

稼働番号実績が6,300番号を超え、多くの企業で利用されている「コールマーケティング」でコールトラッキングを始めてみましょう。まずはお問い合わせください。

この記事をシェア

コラム一覧に戻る

コールマーケティングの詳しい内容を知りたい方は/
お気軽にお問い合わせください!!

お電話で問い合わせ

0120-477-021

通話料無料
10:00~18:00土日・祝日を除く)
コールマーケティングにお問い合わせ