コールマーケティングなら電話とウェブからの問い合わせ数の把握が可能!広告効果の最大化を目指します!

電気通信事業者
H-06-01937

0120-477-02110:00~18:00(土日・祝日を除く)

お問い合わせ

コラム

広告からの電話反響の効果を測定!コールトラッキングとは

電話での反響があってもどの広告をみて電話をしてくれたのかわからず、困っていませんか?

Webからの問い合わせはオンライン上に履歴が残るため、簡単に効果測定が可能です。しかし、電話反響の効果測定は間違い電話が含まれることもあり、正確な問い合わせ内容の把握がしにくいですよね。

そこで、この記事では電話反響の効果を測定する方法と簡単に効果測定ができる「コールトラッキングツール」について解説します。

広告からの電話反響を増やすには?

広告からの電話反響を増やすためのポイントは以下の3つです。

  • 電話の問い合わせまでの導線や行き着くまでの工程をシンプルにする
  • 会社や商品の詳細を伝えて信頼してもらう
  • 気軽に電話をかけられるようにする

具体的には、スクロール数やクリック数が少なくて済むようなLPを作成したり、電話ボタンでコールできるようにしたりします。

さらに、どの広告から流入しているのかを確認し、電話反響の効果を知っておくことが重要です。どの広告から流入しているかを見極めておけば、成果が出ている広告媒体に絞れます。

広告による電話反響の効果を測定する方法

広告から得た電話反響の効果を測定する方法は以下の3つです。

  • 電話専用広告を利用する
  • Google タグマネージャーを設定する
  • コールトラッキングツールを導入する

それぞれの特徴やメリットを知り、どの方法が自社に適しているのか判断しましょう。

Google 電話専用広告を利用する

Google 電話専用広告とは、広告ページに直接自社の電話番号を掲載でき、クリックすると電話がかけられる広告です。広告から直接電話がかけられるため、わざわざWebサイトに遷移する必要がなく、検索者の利便性も高められます。

Google 電話専用広告には、以下の項目を把握できる通話レポート機能が備わっています。

  • 着信応答の有無
  • 通話時間
  • 通話開始・通話終了時間
  • 発信者の市外局番

問い合わせの多い地域や着信応答ができていない電話番号や件数を把握して電話反響の効果を分析します。

ただし、広告から直接電話をかける仕組みであるため、パソコンでは電話専用広告そのものが表示されません。モバイル表示された広告からの電話反響の効果測定に適した方法です。

Google タグマネージャーを設定する

Google タグマネージャーは、Web広告による電話反響の効果測定をしたい場合に適した方法です。

Google タグマネージャーとは、コンバージョンの改善やサイトの分析に使用するタグの一括管理ができるツールです。Google タグマネージャーを使用することで、電話番号のリンクをタップした回数を把握できます。

Google タグマネージャーをインストールしていれば設定は簡単で、電話のコンバージョンもGoogle アナリティクスの画面ですぐにチェックが可能です。

ただし、電話のコンバージョンの詳細なデータは把握できません。パソコンでタップされた場合も集計されてしまうため、実際の電話のコンバージョン数との差が生じてしまいます。

加えて、すでにGoogle アナリティクスのコードツールを使用している場合は注意が必要です。Google タグマネージャーに切り替える際に既存のタグを削除しないと、2倍の数値で計測されてしまいます。

コールトラッキングツールを導入する

Web広告を含め、さまざまな広告媒体で電話反響の効果測定をしたい場合は、コールトラッキングツールの導入がおすすめです。新聞や看板、チラシなどオフラインの広告媒体からの電話反響の効果も測定できます。

ツールによっては、入電時間や顧客の電話番号、見込み顧客との会話を記録する機能や、自動音声応答機能など、電話反響を重要視している企業にとって役立つ機能を備えたものがあります。

広告による電話反響の効果を測定できるコールトラッキングツールとは?

コールトラッキングとは、電話反響の効果測定のことです。コールトラッキングツールを導入することで、広告ごとに入電時間や発信者の番号、どのくらいかかってきたのかを把握できます。

コールトラッキングツールにより複数の広告媒体の効果測定が可能になる理由は、広告媒体ごとに個別に設定する電話番号です。どの広告に設定した電話番号に発信されたかを計測し、電話反響の効果を測定します。

どの広告が費用対効果が高いかを検証できるため、効果が低い広告に予算を投じ続けるといった無駄が生じません。

さらに、自動音声案内サービスで電話対応の工数を減らしたり、通話録音機能で応対品質を見直したりと、業務改善にも役立ちます。

細かな情報の解析や分析ができるため、コンバージョンを増やすために欠かせないツールです。

一方で、広告媒体ごとに別々の電話番号を作成しなければなりません。広告媒体が多いほど、電話番号を取得するのに費用がかかります。

加えて、03や06などから始まるNTTの固定電話は効果測定ができないケースがあるため注意しましょう。

コールトラッキングツールの機能

コールトラッキングツールの主な機能は以下の6つです。

  • レポート機能:広告媒体の経由ルートや電話番号・受電日時などを記録
  • 分析機能:記録に基づき数値を分析する
  • 録音機能:会話を録音し応対の質を見直せる
  • メール通知機能:入電の通知をメールを通して行う
  • 発信者番号表示機能:問い合わせをした顧客・見込み顧客の電話番号を表示する
  • 自動音声応答機能:入電に自動で応対する

上記の6つの機能はすべてのツールに標準機能として付けられているわけではありません。オプション機能だったり、そもそも機能がないツールもあるため、求めている機能が備わっているかどうかは確認しましょう。

コールトラッキングならコールマーケティングがおすすめ

電話反響の効果を測定するためにコールトラッキングツールの導入を検討している場合、自信をもっておすすめできるのが、弊社の「コールマーケティング」です。稼働番号が6,300番号を突破した多くの企業から支持されているツールです。

おすすめできる理由を5つ紹介します。

さまざまな広告媒体の測定が可能

コールマーケティングは、以下のような幅広い広告媒体の効果を測定可能です。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • アフィリエイト広告
  • テレビCM
  • 新聞広告
  • 雑誌広告
  • 看板
  • 折込チラシ

さらにデバイスごとキーワードごとの詳細な計測ができるため、広告運用の最適化に向けた施策をスピーディに検討できます。

上記で測定したデータは、広告ごとに1つの管理画面で確認できます。電話とWebの問い合わせ件数の割合は円グラフでも表示。データ分析がしやすく、利便性や管理のしやすさに優れたツールです。

ビジネスチャンスを逃さない

コールマーケティングは、かかってきた電話番号をすべて履歴として残す機能が備わっています。電話に出られなくても、あとで番号を確認し、折り返しの電話でビジネスチャンスを逃しません。

「繁忙時や定休日で電話に出られなかった」「電話の対応人数が足りず出られなかった」といったことがあっても安心です。

プランが充実

コールマーケティングは、0120の番号を、コールトラッキングツール業界のなかでも安価で提供しています。

最低5番号からの契約で、1番号単位での追加が可能となっており、予算に合わせて利用できます。例えば、番号の数に応じて以下のような月額料金となります。

  • 5番号パック:25,000円/月額
  • 20番号パック:62,500円/月額
  • 50番号パック:137,500円/月額

※ 初期費用として番号の取得費用が別途必要
※ 1番号追加したい場合は、番号取得費用として2,000円、番号維持費として2,500円が必要

5番号パックは、店舗数の少ない企業やお試しでツールを使用したい企業におすすめです。
複数の店舗展開をしている企業や媒体ごとの費用対効果を計測したい企業は、20番号パックを検討してみてください。オフライン広告やオンライン広告の計測、デバイスやキーワードごとの計測もできます。

さらに詳しい内容は、コールマーケティングサービスのサイトにて、電話またはメールでお問い合わせください。

申し込みから運用までが簡単

コールマーケティングは、お申し込みから運用開始までの流れに複雑な工程はなく、すぐに始められる手軽さが魅力です。具体的な流れは以下の通りです。

  1. お申し込み
  2. 申込書に記入
  3. アカウント開設
  4. 番号などの設定
  5. 運用スタート

導入企業は、運営会社により指定されたタグを指定したページに貼り付けと番号画像の作成・設定をするだけです。申し込みが完了してから、最短7営業日から利用ができます。

コスト削減・成果件数アップが目指せるオプションを用意

コールマーケティングには、AIの学習機能によりコスト削減・成果件数アップが目指せるオプション「リードコア」機能があります。

Google 広告やYahoo!広告とコールセンターを連携し、受注に繋がりやすい広告や、受注しにくい広告を、広告配信AIに学習させます。

コストを削減しながら、広告の成果が上げられるため、Web広告の効率化を実現可能です。

電話反響を分析して広告効果を高めよう

電話反響はコンバージョンに繋がりやすいため、効果を測定し、費用対効果の高い広告を把握しておくことが重要です。

広告による電話反響の効果測定は、以下3つの方法があります。

  • 電話専用広告を利用する
  • Google タグマネージャーを設定する
  • コールトラッキングツールを導入する

中でもコールトラッキングツールは、Web広告だけでなく、新聞やチラシなどのオフライン広告からの電話反響の効果を測定できるおすすめの方法です。

コールトラッキングツールの導入を検討しているならば、コールマーケティングサービスがおすすめです。1つの管理画面で電話とWebの問い合わせ件数を一目で把握できるほか、0120の番号を業界最安値で提供しています。

料金プランも3つ用意されているため、自社の規模にあわせて選択可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事をシェア

コラム一覧に戻る

コールマーケティングの詳しい内容を知りたい方は/
お気軽にお問い合わせください!!

お電話で問い合わせ

0120-477-021

通話料無料
10:00~18:00土日・祝日を除く)
コールマーケティングにお問い合わせ